What’s New
「京都国際漫画賞2018(日本在住者部門)」企画・運営事業者の公募について

「京都国際漫画賞2018(日本在住者部門)」を開催するに当たり,実施企画の立案・運営,各種広報等を行う事業者を下記のとおり募集します。
なお,本事業者募集は,本事業に係る京都市の平成30年度予算の成立を前提に,年度開始前の準備行為として行うものです。そのため,予算が成立しなかった場合,本事業者募集及び受託候補者の選定等は無効となります。また,予算が成立した場合も,契約の締結は平成30年4月以降となります点,ご理解くださいますようお願い申し上げます。

1 事業名

「京都国際漫画賞2018(日本在住者部門)」企画・運営等業務

2 概要

マンガ家志望者が京都を通じてプロデビューする機会を創出することを目的として,京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会等が開催する「京都国際漫画賞2018」の,日本在住者を対象とした漫画コンテストを実施する。

3 主な募集内容

「委託仕様書」のとおり
※委託仕様書・参加表明書等の所定様式は,参加を希望する法人又は団体の方に送らせていただきますので,メール:shbba053@city.kyoto.lg.jpまで,参加を希望する旨とともに,「企業又は団体の名称」,「御担当者様のメールアドレス」を御連絡ください。ただし,資料請求ができる者は,下記「4事業者の参加要件」を満たしている者に限らせていただきます。

4 事業者の参加要件

応募の資格者は法人又は法人以外の団体とし,次の要件を満たす者とします。
(1)京都市競争入札参加有資格者名簿に登録されている者。
(2)前号に該当しない者については,次に掲げる資格を有する者。
・事業内容を十分に理解し,本事業に参加する者であること。
・漫画雑誌や漫画単行本でのデビューを目的とした漫画コンテストの開催実績があること。又は漫画コンテストの立案・運営,各種広報等の受託実績があること。
・応募団体(事業者)及び本業務における下請予定事業者が,現に京都市から競争入札参加停止の措置を受けていない者であること。
・業務の一部について,再委託する場合,その業務内容と範囲,再委託先を企画提案書に記載すること。
・代表者が成年被後見人,被保佐人又は破産者でないこと。
・国税及び地方税を滞納していないこと。
・宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体でないこと。
・京都市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団員等又は暴力団密接関係者ではないこと。
・自らが提案した企画・運営内容を自らが遂行するために必要な経営基盤を有し,かつ資金等について十分な管理能力を有していること。
・上記記載の参加要件を満たす根拠となる資料を求められた場合,提示できること。

5 募集期間

3月2日(金)午後5時まで
※仕様書等に対する質問期限は平成30年2月21日(水)午後5時まで
※質問できる者は,上記「4事業者の参加要件」を満たしている者とします。

Top